シャネルの創業者のココ·シャネルは1883年8月19日にフランスに生まれたが、貧しい家庭で育ち、彼女が12歳の時に母が亡くなり、父親に修道女の孤児院に送られてしまったが、そこで6年間縫製技術を学んだ。

縫製会社に入って裁断師として働きながらシ夜はクラブで歌を歌った。

人気の出たシャネルは芸能人を目指したこともあったが、叶わずに終わり、25歳で上流階級の軍人将校であるバルジャンの目に留まり、ある種の妾としてバルジャンの邸宅に入るとシャネルは上流社会と社交を経験し、マナーと教養、そして馬術と乗馬などを身につけた。

シャネルがファッションに興味を持ったきっかけは乗馬だ。

当時、フランス女性の中でロングスカートが流行しており、乗馬をする時も同様にロングスカートを履いていた。

ここに不便を感じたシャネルは、担当裁断師に自分の体型に合う乗馬用ズボンを注文し、翌日堂々とズボンを履いて乗馬場に現れたシャネルを見た人たちは衝撃を受けた。

当時シャネルに注目した男性の中には、アーサー・カッフェルという実業家もいた。

アーサーはシャネルに好感を示し、2人は恋人になる。デザインに自信がついたシャネルは、バルジャンの邸宅を通る女性たちに帽子を作り、良い反応を得た。帽子を作ってほしいという注文が入ってくるようになり、趣味で始めたデザインに才能があると感じたシャネルは事業を構想し始める。

しかし、シャネルには店を開く資金が足りなかったために、実業家だったアーサーから融資を受けられるよう保証してもらった。

そしてシャネルは1910年、カンボン通り21番地に帽子屋をオープンした。

シャネルはこれまで上流社会で学んだ事を活かし、上位階層の女性を対象に事業を進行した。

シャネルは、これまで築いてきた人脈を使い、多くの有名人たちをモデルに利用し多くの評判を呼び、人気ブランドに成長させたシャネルは事業を拡大していった。

1913年、シャネルはドービルのショッピング街を見て無条件に成功すると確信し、最初のブティックをオープンし、大成功を収める。

世界的な大恐慌第1次世界大戦の中、世界中で不景気になるが、シャネルは廃業どころか、戦場から遠かったビアリッツというリゾートに出店した。

そこにはスペインをはじめ欧州全域から人々が押し寄せ、売場の服はハンガーに引っかかる前に売れた。

その後、アクセサリーと化粧品まで手を伸ばして1921年シャネルナンバーファイブを発表し、現在までも爆発的なヒットをする。

マリリン・モンローと出会い、ものすごいブームを巻き起こした。

ファッションを通じて莫大な富と名声を博したシャネルは有名人や貴族とも交流を持ち始めた。

公爵のヒュー・ローブナーとは約10年間恋人関係を持った。1930年代に入り、約4千人の従業員を擁するとてつもない企業に成長していたが、1936年の国際経済不況によりフランス全域で大規模ストライキが起き、シャネルも大きな打撃を受け、さらに、第2次世界大戦まで発生した。

戦争が始まってまもなくシャネルはブティックだけを残し、すべての店を閉め、約15年間スイスに亡命して行方をくらまし、フランスのファッション界にも沈黙の時間が流れた。

1954年シャネルは70歳でパリに戻りファッション界に戻ったが、若い女性たちは当時有名になっていたディオールに集中していた。

それでもシャネルは実用主義を捨てずに続け、女性の社会進出全盛期を迎えた米国で、開放的なスタイルのシャネルのスーツが流行し、ブランド"シャネル"は再び立ち上がり、シャネルは死ぬ直前までファッション界に名を残した。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
彼女もシャネルを利用してシャネルがナチスのスパイだと知り、ルイ·ヴィトンにターンしたという…




2: 海外の反応
昔、デザイン学院の先生がシャネルのデザイナーたちがみんな出てきて叩かれないといけないと話していたんですけど




3: 海外の反応
芸能人を夢見たがファッション巨匠に成長したんだね..




4: 海外の反応
もう一度感じるけど悪いことしないと大金を絶対稼げない。




5: 海外の反応
今、女性の保税市場にシャネルのスーツスタイルがたくさん出ているのを見ると、確かにすごい人物だ。




6: 海外の反応
成功する運命を持っているみたい。




7: 海外の反応
恋人がすごく多かったですね。




8: 海外の反応
"呆れる消費者の象徴"www




9: 海外の反応
ココシャネルも夜職だったという事実ファクト!!!




10: 海外の反応
お金のためなら何でもしたね。




11: 海外の反応
私はシャネルのカバンが好き。



12: 海外の反応
野望が凄かった人。




13: 海外の反応
幼い頃はただデマばかりだったけど何年か前にスパイという正式文書が公開されてショックだった。




14: 海外の反応
シャネルは一部協力したのではなく完全にスパイだったというが




15: 海外の反応
いざフランス人がシャネル製品に熱狂しない理由がここにあったのですね。




16: 海外の反応
ファッションは変わるが、スタイルは残る




17: 海外の反応
それでもシャネルが婦人服に大きく貢献したということは変わりないですね!




18: 海外の反応
シャネルもローンから始めたんだね。



19: 海外の反応
時代によく合ったようだ。
貧しい家庭に生まれて修道院で育ったから、華やかさとは程遠いし、特に世界第1次世界大戦で、物資が不足したので、女性たちの服装も単純で実用的な物に変わった。
シャネルの衣装と時代的背景がよく合っている




20: 海外の反応
成功した人の多くは人性や思想の傷がある。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます