第2次世界大戦でポーランドが他の同盟国とともに日本に宣戦布告したとき、日本は宣言を拒否した。

無視したわけではありません。戦争はなかったと答えたのだ。

そして、ポーランドがそう考えるのは間違っていると言ったのです。

その理由を知るには、この短くてシンプルなアニメーションの歴史ドキュメンタリーをご覧ください。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
みんな、もし誰かが宣戦布告してきたら、それを拒否することを忘れないでください。
彼らは同意なしにあなたを侵略することはできません




2: 海外の反応
もしすべての戦争が宣戦布告を拒否することによって解決されるとしたら、どうだろう?




3: 海外の反応
ポーランドと日本がこんなに仲が良かったなんて。
今までにどこかで読んだことがあるような気がした。




4: 海外の反応
ポーランドと日本のスパイがソ連の将校をスパイだと指摘し、スターリンがそれを実際に信じるというのは、とても笑えた。




5: 海外の反応
ポーランドの宣戦布告を公然と拒否したことで、日本はドイツに完全に占領されているにもかかわらず、我々の存続を認めたことは注目に値します。




6: 海外の反応
日本がまだポーランドを気にしていて、ドイツに征服されたときに抗議したのは魅力的だった。




7: 海外の反応
宣戦布告に「ノー」と言えるなんて知らなかった。




8: 海外の反応
日本が満州にポーランド人の入植を許可したことは特筆に値するが、地図にはポーランドはなかったし、人口500万人近いハルビン市は1898年にポーランド人(アダム・シドウォフスキ)が作ったもので、市の初代総裁であった。




9: 海外の反応
正直に言うと、これは私が見た自国の歴史情報の中で最も奇妙なものだった。
過去に一度も聞いたことがなく、自分の国は太平洋に浮かぶランダムな島とは関係ないだろうと思っていたが、確かに久々にクールな話だった。
いきなり日本が抗議してきたり、過去に銃を売ってくれたり、大義名分を支持してくれたりとかね。




10: 海外の反応
ポーランドは第二次世界大戦の爆心地であり、すべての苦しみと死を経験し、戦争が終わると誰も彼らの政府を認めないということを想像できるだろうか?




11: 海外の反応
今後のトピックへの提案。ユーゴスラビアの他の地域では戦争があったのに、北マケドニアはどのようにして流血もなくユーゴスラビアから独立したのでしょうか?



12: 海外の反応
もし誰かがポーランドが日本政府からどのように見られていたかに興味があるなら、「武士道」という本を読むといい。
新渡戸稲造が書いた「武士道」という本がある。




13: 海外の反応
日本とポーランドが戦時中にこれほど親密な関係にあったとは




14: 海外の反応
さらに言えば、戦時中、クーノにいた日本の外交官、杉原千畝は、ユダヤ人難民にビザを発行し、彼らが日本経由で占領を逃れるのを助け、何千人もの命を救った。
その多くが日本に残り、ドイツから引き渡しを要求されても日本は拒否している。




15: 海外の反応
ポールとして、何年も共産主義政府を認めなかった日本への尊敬の念が増した。




16: 海外の反応
ポーランドは世界の想像を絶する場所で同盟と友人を作ることができる




17: 海外の反応
1905年に日本がロシアと戦ったとき、ロシアの極道たちはロシアの気をそらすために反乱を申し出た。
日本はそれを断ったが、彼らに大量の銃を与えた。




18: 海外の反応
外交戦術として、宣戦布告は強要されたものであり、したがって無効であると言うのは良い方法だ。
両国に無視するための適切な「アウト」を与えることができる。



19: 海外の反応
ポーランドは非常に興味深い歴史を持っている。
誰も本当に怒ることができない、または言及するために彼らの歴史の中で本当に悪いものを見つけることができない、数少ない国の一つである。




20: 海外の反応
日本とポーランドがこれほど友好的な関係だったとは知らなかった。
ポーランドはその時点で宣戦布告に対して行動する能力があまりなかったから、日本は宣戦布告を無視したと思っていた。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます