かつてエレクトロニクスは絶対だった。

どこでも日本語で映画を見ることができた。

DVDプレーヤーや日本のテレビ製品。

日本製の製品は、高い品質の代名詞だった。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
日本企業と仕事をしたことがあるが、彼らのIT能力はせいぜい90年代で止まっていた。




2: 海外の反応
高齢化社会は、日本にとってロボット開発のチャンスです。
ロボット開発の歴史はすでにあるし、高齢化社会は支援技術への深刻なニーズを生み出す。




3: 海外の反応
日本円は現在、1ドル=150円で、昨年から30%も値下がりしている。
日本の平均賃金は、1990年の平均賃金と比較すると、実際下がっている。
日本はもはやアジアで最も所得の高い国ではない。
アジアの中で急速に遅れをとっている。




4: 海外の反応
うわぁ、これは本当に良いですね。
私は日本で4年間働いていますが、これは非常に詳細で、日本の経済がどのように駆動しているかを理解するのは簡単です。




5: 海外の反応
私は現在日本に住んでいますが、「第三国」から来た私は、彼らが使っているソフトウェアやコンピュータのほとんどが時代遅れであることにとてもショックを受けています。
確かにインフラは整っているかもしれませんが、なぜ日本の企業の多くが遅れをとっているかというと、ソフトウェアの重要性に気づいていないからだと実感しています。
もう一つの大きな問題は、給料や賃金が低迷しているため、教育を受けた若者が海外に移住することに憧れを抱いていることです。




6: 海外の反応
戦後日本の産業の盛衰を鋭く切り取ったエッセイ。
しかし、ニュース映画的な映像が多く、話題とは関係ない映像が多い。




7: 海外の反応
日本経済についての素晴らしいビデオです。
このような、「忖度(そんたく)」という言葉があるように、「忖度(そんたく)」は、「忖度(そんたく)」ではなく「忖度(そんたく)」です。
しかし、やがて中国や台湾、ヨーロッパなど、日本以外の国に進出し、多様化していきました。




8: 海外の反応
日本が経済的に前例のない成功を収めたことは間違いないのですが、どういうわけか、彼らは変化すること、そして取り入れることに失敗しました。
日本人の最大の問題は、変化しないことだと思います。




9: 海外の反応
知識豊富なビデオをありがとうございました。
このビデオは、現在の日本経済の問題を的確に説明していると感じます。
日本人の多くも、ビデオで指摘されたような経済の見通しの暗さに気づき、悲観的になっているのではないでしょうか。




10: 海外の反応
日本人が成功するためのアプローチについて話すと、それは中国の台頭と非常によく似ているように聞こえます。
中国は本質的に日本と同じ成功の足跡をたどった。




11: 海外の反応
この作品は、私の部下が活躍する場です。



12: 海外の反応
トヨタがEVへの移行に苦労しているのは当然です。
日本の歴史と未来について、有益な情報をありがとうございます。




13: 海外の反応
このように、日本の政治制度は、世襲によって近代的というよりも封建的な制度となっており、その構造が停滞していることが大きなポイントである。




14: 海外の反応
日本がアジアの国々と比べて経済的に遅れていることを除けば、日本は常に品質で知られている。




15: 海外の反応
日本の会社は、若いプロに置き換えるために、古いエンジニアを追い出しました。
これは間違いだった。
韓国人はすぐに急襲して、古い日本のエンジニアを奪い、彼らの才能と創造性に投資したのだ。




16: 海外の反応
2019年、韓国の一人当たりGDPは日本を抜いた。
そして、日本の大卒者の平均給与水準は韓国の大卒者の3/4であり、その差は年々顕著に大きくなっている。




17: 海外の反応
このようなことは、常に政府が研究に投資することに帰結するのはおかしなことです。
このような場合、「忖度(そんたく)」と呼ばれます。




18: 海外の反応
日本はソフトウェアに十分に注力せず、ハードウェアに注力し、デジタル化の変革に乗り遅れた



19: 海外の反応
1975年、アメリカから大学を卒業してすぐに来日し、大手電機メーカーで素晴らしい仕事に就きました。
しかし、1985年には、私はすでにこの国が巨大なクラッシュに向かっていることを確信していました。
日本人がいかに新しい考えに対して閉鎖的であるかということに嫌気がさしたのです。
その理由は、社員が終身雇用を保証されているからです。
変化するインセンティブがゼロなのです。
同じことが今、中国に起こっている。




20: 海外の反応
日本は、アメリカやヨーロッパに行きたい学生への奨学金制度を増やすことができるかもしれません。
そうすれば、日本の若い大学生が新しいアイデアやイノベーションに触れることができるだろう。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます