日本の捕虜収容所の話は、戦争にしばしば見られる極度の非人道性の特に悲惨な例です。

日本軍に捕らえられた連合軍兵士は、想像を絶するほどの堕落を経験しました。

しかし、この物語は、彼らが直面した残酷さに抵抗し、命だけでなく尊厳と自尊心を維持するためにさまざまな戦略を採用したときの人間の精神の回復力にも光を当てています。

私たちと一緒に、恐怖と抵抗の驚くほど絡み合った物語を旅しましょう。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
同じように、フィリピンのバターンでフィリピン兵とアメリカ兵は死の行進の恐怖に耐えていた。




2: 海外の反応
オランダ軍に所属していた私の祖父は、36kgの体重で歩きながら生き延びました。
彼は、自分がどこにいたのか、何が起こったのか、決して話すことができませんでした。




3: 海外の反応
私の祖父は、ウェーク島の戦いで捕虜になりました。
米軍が降伏した後、彼らは下着一枚で浜辺に連れて行かれ、有刺鉄線で縛られて殺されたのです。
彼らの救いは、日本の提督が彼らの闘志を賞賛したことです。




4: 海外の反応
私は、本物のクウェー川鉄橋につながる本物の鉄道プロジェクトに携わったイギリス兵が書いた本(タイトルは忘れました)を読みました。
捕虜を苦しめた様々な恐怖の中で、有名な映画とは全く違って、彼らの制服はすぐに腐ってボロボロになり、ほとんど裸で働くことになったということです。




5: 海外の反応
日本軍の「死の船」で運ばれた捕虜のことは書いていない。
ただただ恐ろしい残虐さです。




6: 海外の反応
捕虜は日本兵全員に頭を下げさせられた。
タイ国鉄の妨害工作は、橋の支柱の下に白蟻を置くことが多かった。
私の父はヘルファイヤー峠にいました。




7: 海外の反応
このように囚人を働かせ、飢えさせることは、ただただ不謹慎である。
捕虜の仕返しのやり方が好きです。




8: 海外の反応
私の母の義理の兄、ランダル・ロスはバターン死の行進の生き残りで、戦争の残りのほとんどの期間、日本軍の捕虜となり、生涯その悪夢にうなされることになります。




9: 海外の反応
多くの苦しみ。
彼らは忘れることができません。
涙が出ます。




10: 海外の反応
私は、若い(中にはとても若い人もいた)「慰安婦」たちの話を聞いたり読んだりすると、信じられないほど胸が張り裂けそうになります。




11: 海外の反応
この人たちを日本軍捕虜と呼ぶのは正しくありません。
彼らは連合軍捕虜...
日本軍の捕虜だったのです。



12: 海外の反応
1942年2月、シンガポールで、オーストラリア人、インド人、イギリス人の計約13万人のイギリス軍が日本軍に降伏しました。
この中には、シンガポール島で撤退戦を戦ったマヤリア作戦の兵士も含まれています。
何千人もの連合軍捕虜は、タイ・ビルマ鉄道で働かされました。
飢餓、過労、野蛮な扱いによって、約55,000人が死亡しました。
これは、日本へ向かう船で死亡した人たちを除いた数です。
日本軍に強制労働を強いられた先住民についてはあまり言及されていませんが、その死者は数万人にのぼると言われています(残念ながら記録は残っていません)。




13: 海外の反応
私は、第二次世界大戦中の日本軍捕虜の生存者であるドン・ダーラム氏の指導を受ける光栄に浴しました。
私が会ったとき、彼は50代後半か60代前半で、かなり大きなお腹をしていて、補聴器を2個つけていました。




14: 海外の反応
サンダカン収容所では、当初2500人の捕虜が収容され、1945年の生存者は、脱出に成功した6人のオーストラリア人だけでした。
広島・長崎への思いは、奴隷労働に使われた捕虜への思いだけです。
原爆が投下されたとき、船倉や炭坑にいたおかげで助かった人もいました。




15: 海外の反応
1960年代の英国で10代の頃、私は日本軍の攻撃で生き残った多くの男性を知っていました。
彼らは身体的には大丈夫そうに見えても、身体的にはみんな壊れていました。
トラック運転手、鉱夫、職人など、成長した中年男性たちが、自分たちの恐ろしい扱いやその後の心のもろさをほとんど語らないのを見て、心が痛みました。
それはたいてい追憶会や同窓会に集まった時に表面化するのですが。
最近の映画「The Railway Man」は、幸いにもそのような中世の蛮行を経験したことのない私にとっては、戦争の残酷な現実に警鐘を鳴らす衝撃的な作品です。
私は、すべての人に感謝と尊敬の念を抱いています。
私の知っている人たちは皆、カンチャブリ鉄道・橋の生存者でした。




16: 海外の反応
私の叔父レオンはバターン死の行進を生き延びたが、カバナツアン捕虜収容所で脚気により死亡した。




17: 海外の反応
日本軍の降伏を見るのは、喜びでなければならない。




18: 海外の反応
そして今日、皆は日本の残虐行為を覚えておらず、アメリカで日本車に乗っているのです。
日本は戦争中に犯した罪について、一度も謝罪していないのです。



19: 海外の反応
また、あまり知られていませんが、日本人はナチスがドイツで行ったようなことを中国人に行い、黒死病を撒くなどの人体実験を行いました。
また、日本人はナチスがドイツで行ったようなことを中国人に行い、黒死病の発生を含む人体実験を行いました。
木材工場もそうですが、注目を浴びないように「オリンピック」競技場も作りました。
しかし、この点では日本がナチスを上回ったと言われているが、なぜか教えられていない。




20: 海外の反応
このような場合、「震災の影響によるもの」と「震災後のもの」の2つに分けられます。
また、フィリピンで行われた死の行進についても触れていない。
捕虜は、少ない食料で次の収容所まで働かせることができるかどうかを確かめるために、これらの行進を強いられ、最も有名なものはラディでのものである。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます