大手映画会社「Huayi Brothers」による「八佰(原題)」は、製作費8000万ドルが投じられた戦争映画。

ストーリーの基になったのは、第二次上海事変で起こった実話。

第二次上海事変における最後の戦闘「四行倉庫の戦い」において、中国国民党の守備隊・八百壮士が繰り広げた激戦を描いている。

当時の戦場を再現するべく、20万平米のオープンセットを建設。

リアリティを追求し、200メートルの川も作り上げている。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
上海防衛が崩壊した後、蒋介石は自らドイツで訓練されたNRAの精鋭師団の一つである第88師団の大隊に四方倉庫に残留するよう命じた。
これは中国軍の撤退をカバーするためで、倉庫は川を挟んで国際居住区と隣接しており、中国の戦意が全世界に知れ渡ることを意味していた(国際居住区への爆撃や砲撃を恐れて、日本軍はこの建物を爆撃できないことも意味していた)
圧倒的な日本軍に何日も抵抗した後、防衛隊は両方の目的を達成し、国際居住区に出頭するよう命じられ、そこでイギリス人によって抑留された。




2: 海外の反応
私が本当に泣いたのは、若い男の子や男性が犠牲になるのを見る観客も泣いていたことです。
この殉教者たちには名前があり、生きることができたのに、世界が再び踏み出すことができると思った国のために、それを捨てなければならなかったのです。
彼らの犠牲によって、中国人は臆病な民族ではないこと、私たちはまだ勇気と英雄主義がどんなものか知っていること、そして私たちの国が再び強くなる可能性があることを世界に知らしめたのです。




3: 海外の反応
戦前、中国の多くの部隊がドイツによって訓練されました。
実際、ドイツは国民党と非常に強い関係を持っていました。
だから、彼らがドイツのヘルメットをかぶっているのは、それらの師団の出身だからです。
彼らは国民党が提供できる最高の軍隊でした。
残念ながら、これらの師団は戦争の初期にほとんど全滅してしまった。
ほとんどの中国軍はこのような訓練も装備も持っていなかったのです。




4: 海外の反応
謝晋元は連隊長として知られている。
中国軍では指揮官を階級で呼ばず、指揮官としての地位で呼ぶ習慣があった。
そして、謝晋元は国際居留地へ向かう途中で死んだのではなく、映画が勝手にその事実を変えてしまったのだ。
謝とその部下たち(ほとんどの部下は生き残った)は、戦いを経て国際居住区に入り、英国に抑留された。
1941年、謝は彼を恨む日本人が送り込んだ刺客に暗殺された。
残りの八百壯士は、太平洋戦争が始まった後、日本軍の捕虜となり、捕虜収容所に送られた。
多くは戦争が終わるまで生き残った。




5: 海外の反応
この映画では、第二次世界大戦の中国の部分についての映画はあまりありません。
って感じです。




6: 海外の反応
私は上海で生まれ、34年間そこに住んでいました。
四方倉は今でも蘇州河畔に残っています。
それは上海の記念碑です。
私はこの勇敢な中国兵を誇りに思っています。




7: 海外の反応
これは私の故郷である上海の現在の閘北地区で起こった出来事です。
日本軍に本当の力を知られたくない指揮官の謝晋元が、少女ガイドの楊恵民に誇張した数字を伝えて世間に公表したため、兵士は452人しかいませんでしたが、「八佰」と呼ばれるようになったのです。




8: 海外の反応
私はここに座って泣いています。
中国人が自分たちの話をするのはいいことだ。
この時代、彼らはとても苦しんでいたのです。
欧米では、戦争中の「大アジア」についてあまり知らない人が多く、日本や欧米諸国に対して恨みを抱いているかもしれない。
この映画を作り、私たちを教育している人たちに手を挙げてください。




9: 海外の反応
また、インドのイギリス人とアフガン人の歴史的な戦いに焦点を当てた映画「ケサリ」を再確認してください。
約10000人のアフガン人がわずか26人のシーク教徒の砦を攻撃しましたが、彼らは夕方まで彼らを阻止することができ、600人以上のアフガン人を殺害しました。




10: 海外の反応
中国人は非常に苦しんでいたが、彼らの抵抗と勇敢さは日本帝国に多くの損害を与えた。 中国は大きな賞賛を受けるに値する。
ロシアからナチズム、ファシズム、至上主義に対して戦った人々に敬意を表します。




11: 海外の反応
この映画は、私が見た中で最高の映画の一つでした。
この映画では、「崖っぷちのライオン」が好きなら、きっと気に入ると思います。



12: 海外の反応
アメリカ人の友達とこれ見たんだけど、日本人がやったことをよく表現してるって言ったら驚いてたし、ホロコーストでユダヤ人が殺した数より日本人が殺した中国人の方が多いってことも知らなかったし信じてなかった🤦🏼
向こうで何教えてるんだろう😂




13: 海外の反応
この映画は、ドイツ軍に装備された中国兵の小部隊の実話で、実に良い映画です。
この映画を見たことがない人は、ぜひ見てください。




14: 海外の反応
この映画のユニークなところは、本当の主人公がいないことで、どんなに個人を応援しようとしても、映画は予告なしにその個人を殺してしまう。




15: 海外の反応
素晴らしい映画です。
この映画は、中国の物語がメジャーな映画では全くと言っていいほど描かれていないので、第二次世界大戦の視点として歓迎されるものでした。




16: 海外の反応
3:06 映画の中で唯一不正確だと感じたこと。
日本人はガス兵器を使用しているところを外国に見られたくないのと、ガスが国際決済に飛ばされることを懸念して、ガスの類は使用しなかった。




17: 海外の反応
馬は、当時、無慈悲な日本の侵略によって滅亡の危機にあった中国文明を表しています。




18: 海外の反応
同じような世界大戦の実話がある。
朝鮮戦争で、900人のフィリピン人と4万人の共産軍兵士が戦った時の話です。
フィリピン人はコックに武器を持たせて持ち場を守らせ、敵の攻撃をなんとか撃退した。
彼らはその日のうちに勝利し、その戦争の古い将軍はすでにこの話を語っている。



19: 海外の反応
このような、「萌え萌え」なコンテンツは、なかなかありません。
このような場合、「某有名企業」と「某有名企業」の2社に分けられます。
そうすれば、あなたのビデオに全く新しいレベルの信憑性をもたらすでしょう。




20: 海外の反応
この映画は、戦争の本当の恐ろしさを表現しているように思います。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます